好きな事を仕事にすると言う事


好きな事を仕事にすると言うこと、

私は、デザインの仕事、絵を描く事を仕事にしましたが、世間一般的には「好き」を仕事に出来た幸せな部類に入るのだと思います。

でも、私は「好き」を仕事にする事について、初めから抵抗がありました。

好きなことをして、嫌いになったらいやだよね、
せっかくの好きなことなのに、仕事にすることで、好きじゃなくなるんじゃないか、って。

 

なので、一番大好きな音楽は仕事にはせずに、
2番目に好きな絵を描くことを仕事にすることにしたのです。

 

 

結果的に、
やっぱり、自分のために絵を描くことは全くなくなりました。

そして、好き、という感情も持てなくなっていました。

 

 

それは、自分の好きなように描くことをせずに、他人の言いなりになってきたからでした。

 

 

人からさせられる、
言われた通りに作る、
となった時に好きではなくなったのでした。

 

 

でも、人より得意なことは確か、
お金をもらえることも事実、
なので、仕事としてやっていこうと思ったのでした。

 

クライアントという発注者がいる、その人の望むものの表現者となろう、
デザイナーは、その技術を使ってクライアントの希望を叶える「オペレーター」なんだ。

 

私は、デザインという仕事をそう認識して取り組んできたのです。

 

これは、仕事だ。
表現をする仕事が、デザインという仕事だ。

 

 

今もそう思って、デザイン業界に携わっている方もいるかもしれません。

 

でも、それは「自分の人生」ではないのではないでしょうか。

「その人の仕事」では、ないのです。

 

オペレーター(が悪いと言う事ではないのですが)もしくは、代弁者であって、自分自身ではないと思うのです。

 

 

私も、デザイナーの方からの発注には重宝されました。

発注通りに出来上がってくる、
忙しい自分の代わりに、思った内容のものが出来てくる、
自分が苦手な表現をやってのけてくれる、

それに、私の感覚を少しプラスできれば、満足のいく「仕事」でした。

 

 

でも、一般の方からの発注には、

何をやってくれるのかわからない、
期待したものにならない、
伝え切らない、

そう、どんなものを作ってくれるのかワクワク発注している人には、こたえることは出来ていなかったのです。

むしろ私も、内容もイメージも決まってないのに発注してくれるな、決まってから言ってよ、と思っていました。

 

 

それって、「私」に発注してくれているのに、
私が「私」を信頼していないがばかりに、
「私の仕事」を放棄していたんですよね。

 

そりゃ、自分の表現が出来ないので、好きではなくなるわけです。

 

 

私はこういう人間よ、 私はこんなことが好きよ、
こんなことが得意よ、
こういう表現ができるのよ、

 

それに共感してくれる人が「私」にデザインを頼んでくれるように、
私が「私」をもっと好きになって、惚れていかないと。

ようやく気づいたのでした。

 

 

私が今までしてきた「仕事」は、私のものであって、私のものでない。

 

「好き」を仕事にするということは、
自分自身に惚れる、ということに他ならないのです。

 

今、好きなことを仕事にすることに、昔の私のように躊躇したり不安をいだいている人がいたら、伝えたいんです。

 

好きなことを仕事にして、嫌いになるのは、自分を好きでいられないから。

 

自分の表現にとことん惚れたら、自分の好きなことを仕事にしたときに、本当に幸せな仕事ができます。

 

またひとり、新しいデザイナーが生まれていくことを私は助けていきたい。

 

今後、自分のデザインに取り組むとともに、そんな若者も助けていきたい、そんな気持ちです(*´ω`*)



「あなたも幸せになっていい!自分の人生を歩こう!」

▼メルマガでお伝えしてます(*^_^*)よかったら登録してね▼

ラッキーハッピーのメルマガ登録はコチラ



【ドッグイラスト DogIllustration】

今年から私は、新しくAdobeのSNS、ビハンスでもデジタルデッサンを始めました。

ビハンス(Behance)のページはこちらから

https://www.behance.net/zephyrmama

ドッグイラストのギャラリーまとめサイトはこちらから

Zephyrmama's Dog Illustration

この記事へのコメントを投稿します

PAGE TOP