在宅で仕事ができるデザイナーになるには

デザインと言っても、様々な業界でデザイナーがいます

ホームページやブログやサイトをデザインするWEBデザイナー

服飾関係や糸へんの業界ではファッションデザイナー

紙媒体、雑誌やポスター、レコードジャケット、2Dの世界ではグラフィックデザイナー

住宅や店舗設計、イベント会場等3Dの世界では、空間デザイナー(私はココ出身です)

インテリアデザイナーでもあります。

工業製品、モノをデザインするIDデザイナー(インダストリアルデザイン、工業デザインともいいますね)

他にもフラワーデザイナーであったり、

ヘアーデザイナーであったり、

アクセサリーデザイナーも最近では人気の職種。

ジュエリーデザイナーとも言うのでしょうか。

思いついたのはコレぐらいですが、もっともっとどんな業界でもプロのクリエイターが居てます。

デザイナー(Designer)とは

クリエイティブな仕事には必ずデザイナーと呼ばれる人がいますよね。

デザイナーとは物や考え方を形にするお仕事だと思っています。

そして、誰でもなれる職業だと思っています。

「私は◯◯◯のプロです」と言えば、資格もなくできる仕事はデザイナーではないでしょうか。

また、自宅で、在宅で、独学でもできる職業だと思います。

何を目指すかは人それぞれ。

私は空間デザインから始まって、グラフィック、ウェブデザインなどをずっと自宅でMacと共にしてきました。

あなたが、目指すデザイナーのヒントになるものが、少しでもあれば嬉しいです(^^)

table

 

「あなたも幸せになっていい!自分の人生を歩こう!」

▼メルマガでお伝えしてます(*^_^*)よかったら登録してね▼

最新記事

自分に必要な色を統計学から知る

私の使っている統計学では、運気以外にも色との相性も判断できます。 最近、何人か見ていて思うのは、結構だれでも、自分に必要な色はちゃんと使っているものだなぁと言うことでした。 新しいことを始めたい時と、昔やっていたことを復 …

詳細を見る

流れにまかせること

今日は、いつも朝がゆっくりな我が家にとっては、今朝は早くから連絡があって、急きょ出かけることに。 その後も次々とスケジュール変更せざるを得ない連絡が入って、夕方までドタバタでした。 何かに動かされていると言うか、 流され …

詳細を見る

ダイバーシティな環境に生きる

私知りませんでしたシリーズ、って昨日に続いてるだけですが(;^ω^) 「ダイバーシティ」という言葉、知りませんでした。 幸せなことに、と思ったんですね。 言葉の意味を知って。 直訳すると、多様性ということ、国際社会では特 …

詳細を見る

クリエイティブは安かろう悪かろうではダメ

「安かろう悪かろう」という言葉をご存知ですか? 私、実は結婚するまで知りませんでした。 何でも安けりゃいいと思ってました。 いい、というのは「良いもの」というより、 「ラッキー」「お得」という感じでしょうか。 あれば事足 …

詳細を見る

PAGE TOP